読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【訃報】直木賞作家の杉本章子さんが死去 「東京新大橋雨中図」で受賞

江戸時代を中心に情緒豊かな歴史時代小説を書いてきた福岡市在住の直木賞作家、杉本章子(すぎもと・あきこ)さんが4日夜、乳がんのため死去した。62歳。福岡県八女市出身。葬儀は近親者で営む。

 

杉本さんは福岡市の福岡海星女子学院高を卒業後、ノートルダム清心女子大、金城学院大大学院で近世の文学や戯作(げさく)を研究した。1979年、儒学者の寺門静軒を描いた小説「男の軌跡」が第4回歴史文学賞佳作に入ったのを機にデビュー。綿密な史料考証に裏打ちされた物語が評価され、89年には江戸から明治への転換期に生きた浮世絵師、小林清親に光を当てた「東京新大橋雨中図」で第100回直木賞を受けた。九州在住の女性作家では初の受賞だった。

 

 

 

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00010003-nishinp-soci

 

 

 

 

 

 

【訃報】直木賞作家の杉本章子さんが死去 「東京新大橋雨中図」で受賞

4日夜、乳がんのため死去した。62歳。

 

直木賞作家 杉本章子さん死去

 

直木賞作家・杉本章子さん乳がんのため死去

 

「余命宣告を受けたことを公表。ホスピスに入院後も執筆を続けた」--凄いな、と思いながらも、それなりに生き切った人生だったのかも知れない、と感じるのは、年をとったせいか。黙祷。

 

おくやみ・直木賞作家、杉本章子さんが死去 62歳 「東京新大橋雨中図」「写楽まぼろし」

 

直木賞作家の杉本章子さん死去 乳がんで闘病

 

直木賞作家の杉本章子さんが死去 「東京新大橋雨中図」で受賞。

 

まだ、お若いのに。残念だ。

 

この人は、ノートルダム清心女子大学(岡山県岡山市)にも、滞在していたのであったか。 江戸時代って想像つかないので、江戸三百藩を読んでいます。

 

福岡市在住 62歳。 近年は乳がんを患い、一時執筆を中断したが、13年に再開。

 

岡山のノートルダム清心女子大卒だったのか。

 

うちの母と同じ年、同じ病気…ゆっくり休んで下さい

 

またガンか(*_*)

 

62歳か〜

 

日清食品ホールディングス、携帯販売 杉本章子さん死去。7日ぶりのか解説する。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。 今まで素晴らしい作品を作ってくださってありがとうございました。 後世に残ります。

 

えええ!お狂言師歌吉シリーズは好きでした。嫉妬で顔に傷をつけられた女狂言師の話。ご冥福をお祈りします。

 

直木賞作家、杉本章子さん死去】「東京新大橋雨中図」で直木賞を受賞した作家の杉本章子さんが4日夜、乳がんのため亡くなりました。62歳でした

 

恥ずかしながらこの方は全然知らなかったので、これから読ませていただきたいと思います。

 

ま、待って…。゚ヽ(゚´ω`゚。ヽ)もうこれ以上時代小説の作家さんを連れてゆかないで!!ちょっとホント天国から愉快に呼び過ぎっすよ! 直木賞作家 杉本章子さん死去

 

また乳がんか。多すぎる。

 

まだお若いのに・・・。

 

杉本さんの時代小説が好きで、何度も繰り返し読むものもある。

 

(雨宮由希夫) 朝刊を開いて絶句。杉本章子さん死去の報。宇江左さんに続いて、、。 絶句、、。ご冥福を祈ります。

 

えええ( ゚Д゚) また一人好きな作家さんが(ノД`)・゜・。心よりお悔やみ申し上げます。 宇江佐真理さんと同じく乳がん。そしてまだ60代(ノД`)・゜・。 直木賞作家の杉本章子さん死去 小説「残映」を連載